過払い金を取り戻すことを考えている場合

  • 消費者金融の審査の基準

    • 10年ほど前までは消費者金融の融資の審査の基準はかなり甘いものでした。


      たとえ職業に不審な点があっても融資を受けることができました。自己破産した人のブログなどを見ると、複数の業者にかなりの返済額が残っていて、無職であった時期でも審査に通る消費者金融会社が必ず見つかったようです。



      返済額を取り立てるノウハウにかなりの自信があったのでしょうが、一部の暴走につながってしまったのは記憶に新しいところです。

      違法な取立ての模様がメディアにより繰り返し報道されたことによる消費者金融の受けたダメージもまた大きなものでした。
      大手の企業の中にも倒産してしまったところもあるぐらいです。グレーゾーン金利の撤廃や、過払い金の請求をしても信用情報に載せないようにする決まりができたことなどによって、逆に消費者金融の側が返済を要求され、それを支払うことができないために倒産するという逆転現象まで起こるようになりました。

      生き残った消費者金融も大手の銀行の傘下に入ったものが多く見られ、今までのような甘い審査はできなくなったのでしょう。



      銀行の融資は保証人や担保が必要であり融資が可能となるまでの審査の時間もかかってしまいます。

      そういった条件では間に合わないお金が必要だった人たちが利用してきたのが消費者金融であったわけですが、銀行の傘下に入ってしまったことによりその魅力も半減したのかもしれません。

      無担保で審査のスピードが速い代わりに利息も高くつくという事は文面で見ると理にかなっているように思えます。

      個人経営の人などには未だに需要があるものと思われます。貸すべきでない人に貸さないことにより健全性をアピールするのは可能なことのように思えます。

      返すことのできない人に貸さなければ無理な取り立てをする必要もないでしょうし、無理な利息を付ける必要もないように思えます。



      会社の数が増えすぎていたのも違法行為が見られた要因の理由でしょう。消費者金融の需要がゼロになることはないでしょうが、過剰な宣伝により安易な借り手を増やすこともあってはならないと思います。


      消費者金融というと、いろいろなイメージがありますが立派な仕事の一つです。


      特に最近では過払い金やさまざまな厳しい規制をかけられて元気があまりありませんが、銀行などの金融機関との提携をすることで復活の機会を伺っている状態といえます。


      まだまだ消費者金融のテレビコマーシャルなどがあることからも世の中のニーズはたくさんあるといえるのではないでしょうか。



      厳しい規制のなかで収益を上げている会社もあります。


      そのような会社は今後の厳しい社会状況のなかで生き残っていくことができる会社です。


      今は顧客の信頼を持たれることが必要不可欠です。



      過払い金の問題は経営に大きな影響を与えましたが一時期に比べるとその影響も減ってきているといえます。

      これからは攻めの姿勢で収益を上げていくことが求められます。

      そのため銀行等との提携や消費者金融の業者同士での合併などの再編も今後増えていくことが予想されます。

      また銀行との提携により経営上新たな戦略が必要になってきています。

      消費者金融は、今の規制のもとで収益を増やさなくてはなりません。

      以前とは比べることができないほどの経営環境の厳しさです。

      しかし、世の中にはさまざまな理由ですぐに現金が必要である人はたくさんいます。
      遊ぶお金のことをいっているのでは決してありません。



      生活や事業などさまざまな場面で今すぐお金が必要としている人は多くいます。


      そのような場合、たよりになるのは消費者金融系のローンということになります。確かに比較的金利が高いといえますが、審査が比較的緩やかですぐに融資が受けられます。

      これは利用者にとって非常に利便性があります。



      このように消費者金融は人々の生活に役立っているともいえます。
      イメージが先行することもありますが、利用に仕方によってはとても役に立っているといえるでしょう。


      消費者金融は規制が厳しくなったことで影響はさまざまですが、これを逆に利用して顧客に高い信頼感を与える業界となってほしいものです。



  • 関連リンク

    • 過去に一度でも消費者金融でキャッシングを受けたことのある人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金というのは消費者金融会社や信販系クレジット会社などが、過去に法律で定められた以上の高金利でキャッシングを行い、債務者が過去に払いすぎた法定金利以上の利息のことをさします。...

    • 消費者金融といえば以前には違法な取り立てなどが社会問題になった時期もありましたが、基本的には借り手の側の金融知識も足りていなかったように思います。もちろん問題のある企業もあったのは事実ですが、今日に至るまでには消費者金融の側もグレーゾーン金利の撤廃や過払いの返還など生き残りをかけた業界のイメージの改善に取り組んできた努力も見逃すわけにいかないように思います。...