過払い金を取り戻すことを考えている場合

  • 消費者金融の便利な利用の仕方

    • かっては消費者金融といえばダークな印象を持たれていた人も多かったと思いますが、大手の銀行の参入や法律の改正などによりかなり金融機関としての印象や求められている役割も違ってきたように思います。
      今では誰でもが借りられるわけではなくなった代わりに借りた側が得をするようなサービスを行っている企業も多いように見えます。



      例えばポイントサイトをとうして融資を行うことにより、カードを利用しなくてもキャッシュバックがもらえたりするなどかっては考えられなかった利用の仕方もあります。一定期間無利息の消費者金融も増えてきています。



      これらは利用の仕方によっては銀行などよりも便利な場合が結構あるのではないでしょうか。

      時間や曜日によって手数料を取る銀行を利用するよりも、無利息の消費者金融を使えば数百円得をします。

      土日に支払いがある場合や深夜にお金が必要になった時には手数料の分、消費者金融の方が便利だといえるでしょう。



      もちろん無利息の期間が終われば利息が発生するので期間限定の使用法ではありますが、企業によっては無利息期間のみの利用を繰り返し行なってもokと云うところもあるので、利用の仕方によっては家計の味方になりうるように思います。



      消費者金融にかかわらず金融全般の知識を持っている人と持っていない人とでは、かなりの経済的な差が開いていくように思われます。


      金融機関のみならず一般企業でもカードを発行しているところが増えて来ていますし、カード社会の本格的な到来に備えてなるべく損をしないような知識が必要だと思います。



      以前のように消費者金融も誰にでも貸すわけではなくなりイメージの改善に努めているようです。

      借りる側もただ借りるだけではなく、自分が得をするために利用するという意識と知恵が求められることでしょう。借り手側のレベルの向上が消費者金融のイメージの改善や健全な進化につながるのだとすれば、自分の身を守る為にも学習と実践が重要になることでしょう。
      私も同じ金融業として思うことであるが、消費者金融業界は非常に企業努力をしている業界だと。

      これは隣の芝生が青く見えているというわけではなくむしろ厳しい世界であるとみているわけであるが、さまざまな形で自分たちの業態の弱点を分析しそれを補いながら大元のところは絶対に崩さずに業績を必ず上げているという点ではすばらしいと考えいる。



      まず、消費者金融業界自体があまりよいイメージで見られていなかったときにはどんどんとテレビコマーシャルをして知名度アップに努力し、テレビコマーシャルをやっている会社ということでの信頼を得た上に、今度は怖い人達やブラックマーケットへの資金調達先になっているのではないかということが週刊誌やマスコミなどで取りざたされると、すぐさま大手都市銀行との業務提携をし、グレー金利問題の際では金利を法定金利に戻し、業務提携をした銀行の傘下に入ることでこれ以上の追求を避けることに成功したという点では柔軟な企業姿勢である。


      また、今現状で大手の消費者金融会社は大手都市銀行の傘下にあるため非常に信用が強く見られるようになった。



      そういうイメージ戦略と柔軟さは日本では珍しいくらいの会社である。



      しかし客観論では非常に社会的信用のある消費者金融業界でも、われわれ利用者は、大本のところでは銀行の金利よりも高い金利でのいわば高利貸しなので利用には注意をする必要がある。
      しかし銀行等でのローンはこの不景気の時代には必ず預貯金や保険証券や不動産などを担保を取るのに対し、消費者金融は金利は非常に高いが無担保である一定金額を融資してくれるのだあるから仕方ないといえば仕方ない。

      これに関しては利用者本人の問題であり、それを業界に責任を問うのは問題のすり替えである。


      しかしながら室町時代から金貸し業はうらまれる対象にあるのは確かで、それは今になっても変わらない。


      消費者金融業界も利用者への注意喚起はやりすぎるということは無いと思うくらいでいいのではないかと考える。

  • 関連リンク

    • 過去に一度でも消費者金融でキャッシングを受けたことのある人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金というのは消費者金融会社や信販系クレジット会社などが、過去に法律で定められた以上の高金利でキャッシングを行い、債務者が過去に払いすぎた法定金利以上の利息のことをさします。...

    • 消費者金融といえば以前には違法な取り立てなどが社会問題になった時期もありましたが、基本的には借り手の側の金融知識も足りていなかったように思います。もちろん問題のある企業もあったのは事実ですが、今日に至るまでには消費者金融の側もグレーゾーン金利の撤廃や過払いの返還など生き残りをかけた業界のイメージの改善に取り組んできた努力も見逃すわけにいかないように思います。...