過払い金を取り戻すことを考えている場合

  • 消費者金融からお金を借りる

    • 消費者金融を使うメリットというのは、やはり、審査の敷居があまり高くないということが上げられるだろう。

      消費者金融がCMなどでアナウンスしているように、毎月決まった収入があり、条件を満たせばアルバイトなど、正社員でなくても融資を受けられる可能性がある。

      消費者金融から一時的なキャッシングを必要としている人というのは、そういう人も含まれているので、助かるだろう。

      銀行のローンと比べれば審査に通りやすいということでは、デパートのブランドで発行されているクレジットカードもそうだと思う。
      お金を融資してもらう場合、消費者金融とクレジットカード、どちらの方がいいのだろうか。


      やはり、お金を借りるという意味では、使い勝手は消費者金融の方が上だろう。理由としては、まず、返済しやすさというのがある。たとえば、利息のみの返済でもOKとしている会社が多いので、アルバイトとして働いた日がいつもの月より少なくて、通常の返済額だと大変だという場合、返済しやすいだろう。
      クレジットカードの場合、返済額を切り替える、あるいは利息のみにするということは基本的には出来ない。


      カード会社の請求書に従うしかないのである。
      一括返済だったのをリボ払いに切り替えるということは受けつけているところもあるが、リボ払いでも利息と元金が含まれた金額を返済する必要がある。
      また、千円単位での融資が可能なATMがあるということも消費者金融のメリットだ。


      消費者金融にもよるだろうが、提携しているATMではなく、消費者金融の無人店舗、あるいは有人店舗にあるATMに行くと、それでいけることがある。
      千円単位で借りられることの良さというのは、必要以上のお金を借りなくて済むということである。たとえば、1000円だけ借りたいという場合でも、クレジットカードだと一万円からしか借りられないので、残り9000円分の利息が無駄になってしまう。


      消費者金融では、そういうことがない。


      消費者金融の返済日というのは、基本的にかなり柔軟に設定されている。

      クレジットカードの場合、契約時に、カード会社から出された返済日候補の中から選ぶ、あるいは、最初から返済日が決まっているということが多い。

      たとえば、26日や27日あたりである。

      返済日が月末になっているのは、給料日が毎月25日前後の会社が多いためだろう。
      しかし、消費者金融の場合、銀行口座からの引き落としで返済をしていくという契約方法があまり一般的ではなく、ATMからの返済というのがほとんどなので、最終の返済日を起点にして30日前後以内に返済ということが多い。


      なので、返済を行った翌日に、また返済をするといったことも可能である。

      消費者金融の、この柔軟性を生かすと、次のようなことが出来る。
      なにか理由があって、翌月の収入が、25日ではなく30日に入ることになったということが発生した場合、いつも25日に返済というサイクルでやっていたとすると、返済日の時にはお金がないということになってしまう可能性があり、その場合、延滞をしてしまうことになる。
      なので、収入が入る日が遅れることに合わせて、最終返済日をいつもより後ろにずらせばいいのである。
      つまり、前月の25日にまず消費者金融に返済を行い、それから5日後の30日に利息分だけ返済をするのだ。そうすれば、30日を起点として翌月の返済日が決められるので、30日に収入が入って返済を行えば延滞にはならないというわけである。


      クレジットカードの場合、引き落としが出来なかったら、一週間程度後に再度引き落としがかかることになるが、この場合、その分、延滞ということにはなる。


      こういった小さな延滞でも、繰り返していると、カードが使えなくなってしまうということもある。


      なので、消費者金融の方が延滞の発生を防ぎやすく、キャッシングサービスを使いやすいシステムと言えるのではないだろうか。
      勿論、消費者金融の返済日をコントロールするためには、きっちりとしたスケジュール管理が必要になってくるので、返済に時に受け取った明細書は常に残しておくようにしよう。

















  • 関連リンク

    • 過去に一度でも消費者金融でキャッシングを受けたことのある人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金というのは消費者金融会社や信販系クレジット会社などが、過去に法律で定められた以上の高金利でキャッシングを行い、債務者が過去に払いすぎた法定金利以上の利息のことをさします。...

    • 消費者金融といえば以前には違法な取り立てなどが社会問題になった時期もありましたが、基本的には借り手の側の金融知識も足りていなかったように思います。もちろん問題のある企業もあったのは事実ですが、今日に至るまでには消費者金融の側もグレーゾーン金利の撤廃や過払いの返還など生き残りをかけた業界のイメージの改善に取り組んできた努力も見逃すわけにいかないように思います。...