過払い金を取り戻すことを考えている場合

  • 消費者金融の優れた部分

    • 消費者金融といえば以前には違法な取り立てなどが社会問題になった時期もありましたが、基本的には借り手の側の金融知識も足りていなかったように思います。

      もちろん問題のある企業もあったのは事実ですが、今日に至るまでには消費者金融の側もグレーゾーン金利の撤廃や過払いの返還など生き残りをかけた業界のイメージの改善に取り組んできた努力も見逃すわけにいかないように思います。

      大手の銀行なども現在参入してきており過去に比べると健全な印象を受ける人も増えたように思います。


      ただし借りる側に知識がなければ計画的な利用は難しくなり結果的には過去と同じことを繰り返してしまうようになってしまいます。消費者金融のメリットは審査が甘くて融資のスピードが速いことが挙げられます。

      さらに大手の企業は全国にATMがあるので24時間、どこの場所でもいつの日でも借り入れも返済も可能です。さらに銀行では借入の際にATMを利用すると手数料が取られる場合があるのですが、消費者金融は手数料は会社側が負担している場合がほとんどです。一定期間無利息のキャンペーンを行なっている企業もあるので利用の仕方によっては銀行などよりも便利であると言えます。さらにポイントサイトをとうして消費者金融に申し込めば、キャッシュバックを受けることができると云うサービスもあり知識を用いて利用すれば得をしてしまう場合だって考えられます。

      ご利用は計画的にと云うテレビコマーシャルの云う通り、漠然と明確な考えもなしに利用すればどんな金融商品でも失敗して終わるでしょう。


      生活に即した経済の知識は失敗を重ねないと身につかないのかもしれません。
      しかし同じ失敗を繰り返すわけにもいきません。借りる側も計画的に利用するためには、自分の身の丈にあった生活を送るのが前提であり、その上での賢い利用法により消費者金融と付き合っていきたいものです。
      そのためには情報の収集が必要なのは言うまでもありません。

      大手の消費者金融では、ホームページにアクセスしてIDなどを登録すると、自分専用のページにアクセス出来るというのが一般的である。

      このページでは、現在の債務額や、次回の返済日などを見ることが出来る。
      また、増枠の申請も行えるようになっている。
      とても便利なので、インターネットに接続する環境があって、消費者金融と契約している場合は、その会社のホームページがあるかどうかを確認して、あった場合には自分専用のページを見られるかどうかをチェックしておくといいだろう。専用ページは、契約者が申請すると見られる場合と、消費者金融と契約した時点で見られる場合がある。後者の場合、ID番号は消費者金融から発行されたキャッシングのカード番号で、初期パスワードは契約書などに書かれているということが多い。

      自分専用のページにアクセス出来ることを確認したら、まずやるべきなのは、パスワードの変更だろう。


      消費者金融の契約内容というのは、重要な個人情報である。

      なので、第三者が勝手に見ると困ることになる。

      初期パスワードが消費者金融側で設定されている場合、ランダムな文字列になっていると思うので、それを使い続けるというのも一つの選択肢であるが、真っ新のパスワードに変更しておいた方が安全と言えるだろう。

      パスワードは、数字のみ、またはアルファベットのみというのは避けるべきである。

      英数字と記号をランダムに組み合わせるというのがベストだ。
      それだとパスワードを覚えられないので、ログインする時に面倒だと思うかもしれないが、今のブラウザは、ログインするためのIDとパスワードを記憶する機能がついていることが多いので、それを利用すればいい。

      ただ、この機能は、自分専用のパソコンでのみ使った方がいいだろう。たとえば、公共機関にあるパソコンなど、いろいろな人が使うパソコンでログインする場合は、記憶させないようにしよう。
      外出先から消費者金融のサイトの自分のページにアクセスする場合は、スマートフォンなど自分専用の接続機器を使うのがいいと思う。

















  • 関連リンク

    • 過去に一度でも消費者金融でキャッシングを受けたことのある人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金というのは消費者金融会社や信販系クレジット会社などが、過去に法律で定められた以上の高金利でキャッシングを行い、債務者が過去に払いすぎた法定金利以上の利息のことをさします。...

    • 消費者金融といえば以前には違法な取り立てなどが社会問題になった時期もありましたが、基本的には借り手の側の金融知識も足りていなかったように思います。もちろん問題のある企業もあったのは事実ですが、今日に至るまでには消費者金融の側もグレーゾーン金利の撤廃や過払いの返還など生き残りをかけた業界のイメージの改善に取り組んできた努力も見逃すわけにいかないように思います。...