過払い金を取り戻すことを考えている場合

  • 大手消費者金融会社の破たんによる債務への影響

    • 過去に一度でも消費者金融でキャッシングを受けたことのある人は、過払い金が発生している可能性があります。
      過払い金というのは消費者金融会社や信販系クレジット会社などが、過去に法律で定められた以上の高金利でキャッシングを行い、債務者が過去に払いすぎた法定金利以上の利息のことをさします。



      過払い金の対象は消費者金融会社だけでなく、クレジットカード会社や信販会社デパート系のクレジットカード会社など、いわゆるサラ金といわれる消費者金融以外からのキャッシングでも、発生している可能性があるのです。



      消費者金融などでのキャッシング取引が過去にあった場合には、たとえ完済していても、過去10年以内位に支払いが済んでいるものがあれば、まずは弁護士に相談をして自分に過払い金があるかどうかを調査してもらうことをお勧めします。
      古い取引の証拠がなくても、たとえ取引の記憶があやふやでも取り戻すことは可能です。
      近年は大手の消費者金融会社の破たんなどが相次いでいますが、たとえ消費者金融会社などが破産、民事再生、会社更生の各手続きを申し立てた場合、現在まだ返済中の債務が残っている状態の場合には、その債務が免除されるわけではないのです。



      消費者金融会社などの再生が目的で、事業の継続を目的として会社更生手続きをする場合には会社の再生に必要な分の過払い金債権の一部は免除されることになりますが、会社の再生に必要な免除以外の部分の過払い金債権は、手続きを行うことにより戻ってくる可能性があります。
      しかも過払い金というのは取引の終了した時点から10年を経過してしまうと、時効がかかり、返還請求することができなくなってしまうのです。

      弁護士などに債務整理の相談をすれば、直接消費者金融会社と交渉する必要もなく、必要な手続きはすべて弁護士が代行してくれます。大手消費者金融の破たんなどが相次いでいる現状では、手遅れになる前に早急に弁護士に相談することが必要です。

      消費者金融は、さまざまな会社があるのでどれを選んで利用するのがよいか迷うことも多くあります。
      消費者金融では、一般の個人の消費者に対して融資をすることを専業としています。



      消費者金融は貸し金業者として知られており、こうした貸し金業者には、大手の消費者金融のような大規模な法人から、個人事業主や少人数で経営を行っている業者などさまざまです。

      消費者金融は、個人を相手にして融資をすることを専業として今まで成長していきました。こうしたものを利用できる人の最低限の条件として定期的な収入のあること、二十歳以上であることになります。



      また原則的に資金の使途は自由であり、無担保、保証人無しで融資が行われます。

      こうした消費者金融を利用する場合のメリットとしては、先ず融資のスピードの早さがあります。



      即日で借りることができるものがほとんどです。

      また限度額内であれば繰り返し融資を利用することができる点にあります。また融資の利用や返済の方法では、多くの自社ATMや提携ATMでできることがあり、利便性が優れています。

      こうした融資を利用する場合、実質年率が高くなっていることに注意が必要です。

      利用する場合には、短期で完済することが可能な金額を借り入れる場合に限って向いているということができます。

      こうした融資を利用する場合には、無担保であり、保証人が不要で借り入れることができることが利点の一つになります。



      また、申込みから融資までの時間がとても早いことが大きな特徴となっています。また幅広い層での個人が利用することができます。

      その他ATMで融資と完済が完結させることができて利便性が良い点が特徴になります。



      利用をする際の注意点としては、一般的にどのフリーローンと比べても実質年率が高いことです。


      また必要以上に借入れをすることがないように注意する必要があります。この他、借入れの額に対して少ない返済額で返済していくと、完済するまでに時間がかかる点には注意が必要です。

  • 関連リンク

    • 過去に一度でも消費者金融でキャッシングを受けたことのある人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金というのは消費者金融会社や信販系クレジット会社などが、過去に法律で定められた以上の高金利でキャッシングを行い、債務者が過去に払いすぎた法定金利以上の利息のことをさします。...

    • 消費者金融といえば以前には違法な取り立てなどが社会問題になった時期もありましたが、基本的には借り手の側の金融知識も足りていなかったように思います。もちろん問題のある企業もあったのは事実ですが、今日に至るまでには消費者金融の側もグレーゾーン金利の撤廃や過払いの返還など生き残りをかけた業界のイメージの改善に取り組んできた努力も見逃すわけにいかないように思います。...