過払い金を取り戻すことを考えている場合

  • 消費者金融でお金を借りる場合は返済計画を持つように

    • お金が必要になる場面は誰にでもあります。
      そのような場合、お金を借りる事になります。
      お金が必要なときって、ほしい物があったり、トラブルだったり、理由は色々です。

      また、急にまとまったお金が必要な場面もあります。


      お金を借りる場合、友人に借りたり、職場の同僚に借りたり、または家族に借りたりと近場の人に借りる時があります。

      しかし、基本的にお金は誰もが必要なものです。


      やはり、自分の周囲でどれだけ仲が良くても、お金は借りにくいものです。また、金額が大きければ、なお更借りる事ができません。そのような場合、消費者金融で借りることになります。


      消費者金融でお金を借りる事はとてもメリットが大きいものです。


      すぐに必要なお金を借りる事ができます。

      お金が必要なときに、すぐにお金を借りれることはとても便利なことなのです。
      また、気を使うこともありません。

      自分の周囲の人に借りるときは、とても気を使いますが、消費者金融でお金を借りる場合は相手がお金を貸すとゆう仕事なため、自分はいわばお客さんになります。


      逆に感謝してほしいくらいです。
      しかし、それは返済してから言える事です。

      借りるだけ借りて、返済ができなければ、立場は逆転します。

      消費者金融でお金を借りる際には、必ず自分の収入を考えて、それを元にきっちりと返済計画を立てなければなりません。

      借りる金額が大きければ、さらにしっかりとした返済計画が必要になります。


      お金はとても簡単で、自分の収入、または収入の見込みと、失費を計算して、プラスが出なければ返済できません。

      毎月、失費の方が大きいと、お金は貯まりません。
      消費者金融に対して、返済をする場合、借りた額を一気に返済できれば良いですが、それが無理な場合は毎月一定額を返済すれば良いのです。


      利子がかかり、返済額が少し大きくなりますが、少しづつでも減らす事が大切です。

      しっかりと返済できれば、消費者金融での借入はとても便利なものです。

      消費者金融を利用する上で、限度額の設定というのは大事である。

      限度額は、審査を申し込む時に、希望という形で自分からこのぐらいにしてほしいという額を決めることが出来る。

      この時、現在必要な額を限度額として申請するのか、それとも、また後で借りることを見越して、必要な額よりも少し上の額を申請するのかは迷うところだが、まず、審査に通ることを目的としているのであれば、必要最低限の額で申請するというのがいいだろう。

      たとえば、10万円が必要なのであれば、そのまま希望限度額として書くということである。
      消費者金融の借り入れ限度額というのは、使用しているうちに上がってくるものである。

      たとえば、最初は限度額が10万円だったとしても、借り入れと返済を繰り返していれば、それが実績となって、消費者金融の方から、限度額を上げることが可能であるということを言ってくることが多い。

      たとえば、消費者金融の直轄のATMで返済した場合、画面に、そういったインフォメーションが表示される場合がある。
      早ければ、だいたい数ヶ月程度の利用で限度額を上げられるようになると思うので、審査申し込みの段階から、必要以上の額を申請する必要はないと言えるだろう。

      また、限度額は、消費者金融の方から上げることが出来ると言われたとしても、応じないということも可能である。収入に応じた限度額を適切に設定するというのが、消費者金融を利用する時に心がけることだと思うので、上げるか否かの判断というのは慎重に行うべきだろう。

      ただ、もし限度額を上げたとしても、消費者金融に申し出て、下げてもらうということも可能である。

      なので、限度額引き上げについてはあまり心配する必要はないだろう。


      注意したいのは、債務者側からではなく、消費者金融側から限度額を引き下げてきた場合である。

      新規の借り入れが出来なくなることもある。

      返済の遅れが何回かあると、こういう対処を取られることがあるので、返済日は守るようにしよう。

















  • 関連リンク

    • 過去に一度でも消費者金融でキャッシングを受けたことのある人は、過払い金が発生している可能性があります。過払い金というのは消費者金融会社や信販系クレジット会社などが、過去に法律で定められた以上の高金利でキャッシングを行い、債務者が過去に払いすぎた法定金利以上の利息のことをさします。...

    • 消費者金融といえば以前には違法な取り立てなどが社会問題になった時期もありましたが、基本的には借り手の側の金融知識も足りていなかったように思います。もちろん問題のある企業もあったのは事実ですが、今日に至るまでには消費者金融の側もグレーゾーン金利の撤廃や過払いの返還など生き残りをかけた業界のイメージの改善に取り組んできた努力も見逃すわけにいかないように思います。...